2017年10月16日 (月)

冬か?

つい先日まで30℃近い日があったかと思えば、急に天気の悪い日が続いて10℃台中盤の気温になったり。

あまりの季節の激変ぶりに秋じゃなくて冬が来たんじゃ無いかと思うくらい、、、
ずっと外に出しっ放しだった植物もいよいよ室内でLEDライトと暖房で管理する季節になりました。

Qs_20171016190750

夏の間の成長を見て、冬のスペース具合で植物増やそうと思ってましたが・・・もう無理ですねww

さてさて、レギュラーの方の作業はビーバークラシックアイラの尻尾の仕上げ作業がようやく一段落。


Qs_20171016190322

次はボディーの方の成形作業になりますが、まだまだ気の遠くなる作業がテンコ盛りですねぇ・・・

週末からは衆議院選挙と、市議会議員選挙の関係で自治会からの手伝いで何日も動員でかり出されるので思う様に作業が進まないのが目に見えてます。

ホント何だろうなぁ、、、選挙の時だけ腰の低い議員はいざ選挙終われば僕の事なんか気にもとめないだろうに、仕事休んで無償で奉仕しても選挙終わってしまえば僕の仕事の遅れは僕が必死にとりもどさなダメって言う不条理。

自宅営業の仕事は自由業だとでも思われてるのが腹立たしい。

って、そんなつまらん話しは切り上げて釣果報告を!!


Qs_20171015191219

マスターガールで!!


Qs_20171015190947

ナーガで!!

ありがとうございます。

気温変化が大きくなって、雨が降ると急激に水温も変化するこの時期、条件によって魚のポジションが絞り込みにくかったり、反応がシブかったりとなかなか当たり外れのあるこの季節ですが、自分の中で信頼度の高いフェイバリットルアーをいつもと少し違うリズムで試したりしてジックリやり切るって言うのも釣果に繋がるモチベーションキープの方法だったりしますね。

チャンスが少ない季節にこそ新しい発見が出来たりもするので、いかに1本を狙うかって試行錯誤も楽しみだったりしますね♪


| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

アユース怖いんだよ!

Qs_20171011165651

現在作業中のレギュラールアーはビーバークラシックアイラ!

このルアーはチンガードの付いたレギュラーシリーズのビーバーと違って、ビーバークラシック同様尻尾が扁平なので、アユースをカットして手作業で成形になります。

問題なのが、このアユースって材料がカットや成形時に出る粉塵でアレルギーが出るんです。
体質にもよるかと思うんですが、ずっと使ってる材料なのに慣れるどころか年々ひどくなってる気がします。

僕の場合はまだ強度のアレルギー症状は出ませんが、マスクしてても花粉症みたいな状態になるのと、微熱が出ます・・・

だから可能な限りシッカリ換気して作業はするんですが、それでもなります。

ちょうどカット作業を開始してから真夏日が続いてたおかげで工房のドアをフルオープンで作業できたので、今回はだいぶ助かりましたけど!

他にもアレルギーが起きやすい材木はありますが、木工やってて材木アレルギーとかほんと厄介ですよね、、、

明日から天気悪くなってフルオープン出来ないので、カットは終わったものの、成形が始まるから残りの作業が憂鬱です。。


| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

釣果報告頂いてます!

さてさて世間は3連休真っ最中で、昼間の気温も27℃とかあったりしてとても気持ちのいい釣り日和ですが、皆さんの釣果はどんな感じでしょうか??

おかげ様でコンパスの別注に合わせて作ったOraora.DEPO用の夜明けのスキャットも完売となりまして、リリース以降釣果報告も頂けててとても嬉しい限りです!

今回もスキャットで釣果報告頂いてます!

Qs_20171006133634


Qs_20171006133644

いつもありがとうございます!!!


Qs_20171008193338

そして、先日福島遠征でシーラスのスロー巻きを習得した野津くんはシーラスマスターになったみたいで激シブ反応をバイトに持ち込む技を掴んだみたいですww

皆さん楽しい連休を!

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

片道1000km福島ツアー 復路編

夕方の5時くらいに出発した僕達は、福島の余韻に浸りながらこれからのルアーの事や、釣りの事なんか話しながら、いかにも釣り人ぶって快調に磐越道を抜け北陸道を南下しながら、十五夜の月明かりが照らす新潟の夜景を眺めて次の目的地を目指す!

目的地、、そう、帰路をセットする時点でスモールを釣ってない野津くんは琵琶湖の上を通過するのに琵琶湖で釣りが出来ないのは酷過ぎると言い出し、敦賀で下りて滋賀まで南下すると言う寄り道ルートを設定していた。

福島から琵琶湖までは7時間半、琵琶湖からウチまでは3時間半。
まぁ長旅ついでの少し寄り道なら朝マヅメくらいやって帰ろうじゃ無いかと言う事で、琵琶湖を目指す僕等に再び北陸道が牙を剥く!!

新潟を快調に抜け、富山、石川に入った僕等にまたしても通行止め、、、
しかし、今回は通過時間的に少し時間調整したら深夜料金で清算出来るから、どうせ琵琶湖に着いて仮眠するなら先に仮眠してから高速を下りようって事に。

そしてIC直前のSAで仮眠を済ませて下道に下りて、3区間バイパスを走り、再び北陸道に乗って敦賀から南下。

琵琶湖に着いたのは午前4時半。

前日の晩ご飯の定食が暴力的過ぎて何も食べたくも無いし、飲みたくも無かった僕はコンビニで買い出しもしてなかったからとにかく釣具だけをカヌーに乗せて、朝マヅメだけだからね!!って念を押してスタートフィッシング。

Qs_20171006050603

鳥目の僕はメガネをしててもヘッドライト無しで見える光量になっても見えないから操船メインで野津くんのキャストを見守る。

願わくば即行釣れてくれて満足して帰っても良いのにくらいww

しかし、幸先良くグッドサイズのバイト&追い食いも痛恨のすっぽ抜けで乗らず、、、

やっと普通に明るくなったから僕も投げようかと思った時にタックルボックス積んでない事に気付く。
野津くんにマスターフレックスだけ貸して?、、、ってキャスト開始。

とりあえずマスターフレックスがあれば首振りも出来るし、ダイブも出来るし、金属音やフラッシングも出せる、勿論巻きで引き波で引っ張る事も出来る。
状況が分からない時に一旦強めで反応出来る魚を探る場合にはマスターフレックスの汎用性は頼もしいし!

ウィード際にキャスト、1mくらい離れるまで少し強めの首振りで移動距離を抑えてテールフィンの音を鳴らしてたらバイト!秋になって乗らないバイトに苦しめられてたからそのまま次のアクションに備えてたら一気に持ち込んだのでおもっきりフッキング!!


Qs_20171006050617

ブリブリのナイス40中盤バス♪

これでノーフィッシュは免れたもんだから余裕になった僕は後は野津くんに1本釣れてくれたら帰って寝れる!!!
などとその瞬間を今かと待つのになかなかその瞬間は訪れない・・・

完全に朝マヅメが朝になり、予定してた2時間が過ぎても、なし崩し的に延長して行ってもバイトは何発かあるもキャッチに至らず・・・

バスボートだけならまだしも、藻狩り船が何十隻もフルスピードで走り回る。
ショアラインは波立ってアドベンチャーはさながら笹舟みたいなアドベンチャー感満載状態。

とても釣りにならんから引き返そうって事でスロープに向かいながらドシャローのウィードエリアをショアライン沿いに流して沖向きに打って居た野津くんの巨鯉が突如爆裂バイトと共に消し込まれた!!

琵琶湖に通い慣れてる野津くんはパワーゲームで一気にウィードから引き離しカヌー際まで寄せてくれた。
デカイ!!コレはホントにメイクドラマな延長戦ラストの逆転サヨナラホームラン来たかっ??って思えるくらいデカイ!!!

僕がいつも使ってるネットじゃヤバイかも?って事で野津くんのネットで一気にランディング!
コレが悪夢のスイッチオンだった、、、

野津くんのネットはジョンボートで使ってるからハンドルが長い。
なもんで、サイズもサイズだったから強引にランディングした僕と、フロントシートでバランスを取りながら誘導してた野津くんの重心が、船の中にバスを取り込んだ瞬間崩れ、一気に僕はバスをランディングしたままのポーズでバックドロップで琵琶湖に解き放たれた!!!

だけど、僕より一瞬早く落ちた野津くんは頭から落ちてる僕に「魚は!???」って叫んでる!!!

僕は魚どころか自分が魚をキャッチした瞬間からまばたき1回でバックドロップだからテンパッてて、とにかく僕の近くを泳いでるバスに真上から虫取り網みたいにネットを被せる。

水深は膝下くらいだけど、仰向けの僕とバスは仲良く視線が同じくらい。
バスも馬鹿じゃないから当然潜って逃げる!

僕は慌てて起き上がって今度は掬い直すも入らない・・・もっかい掬って無事にランディング成功の喜びが込み上がったと同時に「カメラ!???」

僕の一眼がたぶん・・・

カヌーは見事にライブウェルになってる!!

バスをカヌーの中に入れて、ひとまずカメラを探したらカヌーのシートの下に引っ掛かってて助かった。
慌ててバッグから出して見たら何とか濡れずに無事だった。

そこからは散乱したルアーやタックル、バッグの中の貴重品を集めて点検して、改めて一連のハプニングが可笑しくてずぶ濡れのオッサン2人で大笑いした。


Qs_20171006050638

しばし騒動に巻き込まれて放置されてたバスをカヌーウェルから引き出し、


Qs_20171006050855

無事だったカメラで記念撮影をして、


Qs_20171006050746

サイズ計測したら、、、60無かった、、、58cm、、、でも、20cm弱ある巨鯉を一気にハーモニカ食いで喉の近くまで丸のみしてたのも衝撃だったし、福島まで走った上に帰り道の1700km地点でバックドロップしてまでキャッチした衝撃はなかなか味わえるもんじゃ無いので、コレはコレで旅の締めくくりには見事過ぎるオチだったんじゃないでしょうか?www

しかし、釣れた喜びとハプニングの興奮が覚めた後の切なさと疲労感ったら・・・

ずぶ濡れでスロープまで帰り、着替えてホントの家路に向かった僕達は、睡魔に耐え切れず途中のSAで寝落ちてしまい、帰りの1000kmは福島から26時間かかりましたwww


Qs_20171006050653

これにてオッサン2人の往復2000km福島ツアーは無事終了です!

お世話になった福島の皆さんありがとうございました!!!

ONE LOVE


| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

片道1000km福島ツアーVol.2

Qs_20171006050346

本来の目的はスモールマウスではありません!!

コンパス2周年記念に別注頂いてた夜明けのスキャットを納品とお祝いの為にお店にオジャマする事が本命!
ちゃんと仕事です!!!


Qs_20171006050404

とは言え、前夜祭で盛り上がり過ぎちゃったもんだから久々の再会写真とか撮って無くって開店直前に再会の記念撮影www


Qs_20171006050428

開店前からコンパス2周年記念日を祝いたいお客さんが長蛇の列!!
開店直後は店内ワヤクチャwww

夜明けのスキャットも皆さんに喜んで頂けたし、ホント普段引きこもりで製作ばっかりしてる僕的には何年分のお喋りした??ってくらい楽しい時間で、昔のインターネットとか無い時代にお店にルアー見に行くワクワクや、お店で色んな人と出会えるドキドキがコンパスにはあって、お客さんも地元の方ばかりじゃ無くて、何時間もかけて他県から通われてる方も居られたから、お店がお客さんに選ばれて、お店を大好きなお客さんの輪がお店を盛り上げて、皆が真剣にバス釣りを楽しんでて、トップウォーターシーンを盛り上げてるって言うのが本当に溢れ出てるのを感じれる、アットホームでウェルカムな暖かくて楽しいお店でした!!


Qs_20171006050458

お土産に頂いた箱にヘッドバンギングカウと書かれた赤べこを見ながら、野津くんと2人で福島は自分達が普通になって薄れちゃってる初心みたいな真直ぐな情熱と人の絆が凄く暖かくて、羨ましくて、自分達も清々しい気持ちになれた良いツアーになったねぇ♪って言いながら片道1000kmの今度は折り返しの1000kmに挑みました!


Qs_20171006050444

しかし、優しい福島ホーミーおすすめの定食屋さんの暴力的なホルモン炒めの量には悪意を感じましたがwww

そして、福島を後にした僕達はまだ数時間後に待ち構えてる不運を知らない・・・つづく、、、

| | コメント (0)

片道1000km福島ツアーVol.1

2日の午後ナビをセットして、改めてなかなかの距離あるな~って笑いが出た今回のロングドライブのお供は野津くん。

僕は以前宮城まで自走で行った事があるので1000km超えは経験あるし、単独走行の関東は何度かあるので距離的なストレスはさほどだったんですが、果たして野津くんは耐えれるのか!??

雨だしどうせ急いだって激的な時短なんて期待できないので、楽なペースで深夜割引になる様に走ろう!って言ってドライブ気分で島根、鳥取、兵庫、京都、福井、石川で晩ご飯。
当初のナビ設定の時間と同じ位のペースだったから人間も車もお腹満タンにしてリスタート!
富山、新潟に入って北上したら残りは福島に向けて日本海側から太平洋側に横断!って行程だったから、さぁ気合い入れて半分頑張るぞ!って富山を通過、新潟に入って上越JCT通過後に試練が訪れる、、、

上越ICから先が夜間通行止めでいきなり下道に下ろされる。
時間はまだ午後10時前だったから余裕で昼間料金。。。
深夜料金で計算したらほぼ目的地に着ける金額を全行程の3分の2で払わされると言うハプニング+突然の下道でモチベーションが下がってからの終盤戦が何とキツかった事か、、

やっと最初の集合場所に着いたのは午前2時前。
そこで2時間弱仮眠して、福島の地元チームと合流して初のフィールド桧原湖へ!

Qs_20171006050148

狙う魚は当然スモールマウス!

しかし気温一桁の山上湖はビギナーの僕達に甘い顔を見せてくれる程優しく無い、、

とにかく普段僕らがラージ狙う感覚と違ってゲーム展開を組み立てれない。

地元チームからはとにかくシーラスが反応が良いと言われてたので、シーラスを軸にルアーローテーションするも僕らは1バイトのみで朝マヅメは過ぎた。
そんな中でも地元チームは3~4バイト、小さいながらも1本出てたので、反応は悪く無いとの事。

もぉその時点でシーラスで獲るまで信じるしか無いと言う決断で投げた押し、巻き倒し、状況がいきなり変わったのは夕方4時を回った頃。

ハッチが湧き、ベイトが水面に姿を見せ始めた直後から野津くんに連続してバイトが出始めた!
だけどバイトスピードが速くてとにかく乗らない。

だけどこのチャンスを逃すと時間的にも可能性は無くなる。
ベイトがショアラインに寄ってるならと祈る様な気持ちでロケーションチェンジでインレットに移動して見るとシャローにベイトが入ってた!
けど、水深は20cmあるか?って言うドシャローのゴロタでピチャピチャ跳ねてる感じ。
そこにベイトとは明らかに違う波を見つけたので僕がシーラスをキャスト。

今までの反応があったスローリトリーブのパターンで巻き初めて何も無かったから気のせいか?ってピックアップしようかと早巻きした瞬間突然バイト!!

突然過ぎて合わせが完全に遅れたけど、向こう合わせ的に一気に引かれて猛ダッシュ!!

噂に聞いてた引きを満喫する余裕なんてありゃしない。
ってか、水深が浅すぎて走り回って跳び周るのを止めるのが必死ww

水面に出た岩にリーダーを巻かれて切られそうになったりしたのを強引に引きずり出して船べりに寄って来た魚体は金色に綺麗な虎柄が出て、真っ赤な目をした紛れもなく初のスモール!

無事にランディングした時は感激でしたねぇ!!


Qs_20171006050212


50のラージを手持ちしても小さく見えてしまう僕が持つとかなり小さく見えて残念なんですが、人生初のスモールは38cm。
水の中に居た時は綺麗な色だったけど、写真撮ったら色が消えちゃうんですねww

何とか目標だった魚もキャッチ出来て気分上げ上げで郡山のコンパスさんに移動して、2周年記念の前夜祭で沢山のお客さんとお食事会!

Qs_20171006050230

店長の清水さんは昔からタマタマルアーを使って頂いてて、出会うのは10年ぶりなので昔話に花咲いたり、色んなお客さんと賑やかにお話し出来たりの、本当に楽しい夜でした!

つづく、、、

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

前人未到!

昨日は小学校区の地区民運動会でした。
自治会長としては昨年連覇したバトンを史上初の総合優勝3連覇と言う記録が掛かったプレッシャーは、春に前委員会から引き継がれた時からかなりなモノだった。
たかが自治会対抗の運動会とは思っても、誰も成し遂げた事が無いと言われると自治会全体のテンションが違う。

出だしから順調に得点を重ね、僅差ではあったけど中版過ぎまでは1位をキープ。
しかし、中盤過ぎに思いがけず逆転された事で後半の競技の得点と、僅差の4自治会の順位が非常に気がかりになるナーバスな展開になった時は本当に夜の慰労会での挨拶をどうしようか?と頭がワチャワチャになった、、、

しかし、後半の競技で高得点が続き、残る総合リレーの前で完全に単独首位!
総合リレーで最悪トップにならなくても、3位以内で、なおかつ2位ののチームが1位じゃ無ければ点差からしたら逃げ切れる!と言う試合がスタート!

見事3居以内でゴールした事で前人未到の3連覇達成!!

まぁ僕が個人で3連覇したわけじゃ無いから僕が自慢する事じゃ無いんですけどねwww

でも、優勝旗を三度自治会に持ち帰り、自治会の皆さんに報告とお礼をした瞬間、僕は重責から解放された気分でドッと疲労感マックスになり、昨晩からまさかの風邪気味です・・・

そして、そんなまさかの体調で今日から1000kmのロングドライブが始まります!
さてさてどうなるのか???

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

カヌー用ウッドパドル

Qs_20170930113637

先日の遠征前からイニットさんで取り扱いのカビネスのCAVPRO SB-S と言うストレートシャフトのワンピース60インチのパドルを使ってみました。

前から使ってるカーライルのパドルと比べて若干ブレード面積が大きくて、水のキャッチが強いです。

ですが、エッジが薄くてキッチリ立ってるので、キャッチは強いですが水切りの感じは滑らかで、操作性が良いのでとても扱いやすいパドルです!

しかも見た目がいかにも高級感のあるカヌーによく似合うウッドパドル!!って雰囲気なのも満足度高いですね♪

ラインナップ的には同モデルの長さ違いと、ベンドシャフト、ビーバーテール等4種類選べるので、使い方や趣味に合わせて選べるのも嬉しいところ!

僕の場合は2人で乗る場合はキャッチが強いカビネスをフロントシートで使ってもらって推進力をキープ、若干ブレード幅が細いカーライルをリヤシートで舵取りやポジション調整に使ってるって感じです。

1本持つならこのカビネスのパドルは凄く良いと思いますよ!
カヌーの場合だけじゃ無く、ジョンボートの予備として使ったりしてもカッコイイと思うし!

興味のある方は是非チェックして見て下さい。
勿論ウチでも取り扱い可能ですので、お問い合わせ下さい!!

| | コメント (0)

セーフティーフラッグ

Qs_20170928155829


ナチュラルディストーションさんから発売されてるセーフティーフラッグ。

Qs_20170930113657

僕もカヌーをを積む時に使わせて頂いてますが、コレは正直かなり便利です!

カヌーやカヤック、ジョンボートをカートップした際に後方にはみ出した部分ってバック駐車の際になかなか確認しにくいですよね?

そんな時このフラッグが付いてれば後方を確認しやすいですし、駐車場で背面同士で停める場合に自分が停める場合は勿論、ワンボックス等の背の高い相手の車が停める際にも視認性が良いですし、走行中も後続車に積載物の有無を知らせるのに非常に目立ちます。

僕ら釣り人は車を選ぶ際にキャリアが付くのか?どのくらい強度あるのか?とか、積載に関しては結構気を使うし、船を積むのが前提でカーライフがあると言っても過言では無いと思いますので、せっかくだったら視覚的な安心感って言うのもこう言ったグッズで補うのは良いと思います!

ターポリン製で耐候性もあって、お値段も¥1500程度とお手ごろですしね♪

ナチュラルディストーションさんのオンラインショップでも買えますし、ウチにお問い合わせ頂いても取り寄せ可能ですので是非お1ついかがでしょう?


注意〉 本来道路交通法で定められてる積載物の長さ制限に基づく赤色布等と同じ扱いのモノでは無く、あくまでも自身の安全意識として使用して頂くセーフティーグッズなので、コレを使用したら法令以上の物を積載しても大丈夫と言う訳では無いので、積載物の積載方に関しては所轄の警察署等でご確認下さい。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

ビーマイビーバークラシック・アイラ

Qs_20170927185615

ビーバークラシック(初代ビーバー)には、実は製品版としてリリースしたビーマイビーバー・アイラって言うスモールサイズが存在してました!

その後、おそらく皆さんがご存知のチンガードを装着したモデルをビーマイビーバーとして本格的にレギュラー化してリリースしたんですが、それ以前に既にサイズ違いで2ラインナップのビーバーが存在してたんですよね!

なぜそんな事になったのかは当時の色々な諸事情があったので、その話はまた後日www

さてさて釣果報告です。

Qs_20170927185457

スキャットオラカラで!


Qs_20170927185518

シーラスHPで!!


Qs_20170927185531

マスターフレックスで!!!

毎度ありがとうございます♪

| | コメント (0)

«釣果報告頂いてます!